朝5時に出社して得られた8つのこと

私は毎朝5時すぎに出社している。

長男を出産してから「もっと時間がほしい」と模索し続けていたところ、
この半年で、3歳の長女と2歳の次女が赤ちゃんから幼児に成長した。

言葉でのコミュニケーション(こちらのいうことを理解して実行)が成立したことで子育てがぐんとやりやすくなり、その結果、夫の「多大な」協力を得られるようになり、朝5時出社が実現している。

朝5時の出社は、結論からいうと、
「できる人はやったほうが絶対にいい」。

私の場合は次のようなメリットが得られるようになり、
いまは午前4時の目覚まし時計が鳴る前に目がさめるほど朝が楽しみだ。

朝5時に出社して得られた8つのこと

1.ゆっくりコーヒーを飲めるようになった。

2.作業がはかどり始業前の達成感がすごい。

3.手帳に予定を書いてその通りに結果を出せる達成感がすごい。

4.「朝早い人」としての信頼を構築しつつある。

5.夜寝るときに「今日も自分を使い切った」感がある。

6.やるべきことの全体像を見渡す時間が持てている。

7.自分のことを考える時間が持てている。

8.ブログを再開できた。

逆に課題もある。

課題1.昼食後は眠くなりがち。
これは昼食時の炭水化物の量をコントロールすれば問題なし。
食後のコーヒーも。

課題2.子供と過ごす朝の時間がない。
朝いらいらと子供をせかすママなんて子供にとっては害悪かなと。
それより充実感で笑顔のママとして接したい。

課題3.夜、疲れている。
これは今後の課題。
高麗人参エキスを飲んでみたり、
「疲れた」と言いそうになったら冷たい炭酸水を飲んで気持ちもリフレッシュしたり、いろいろ工夫をしているところです。

課題4.帰宅後の家事の量がものすごい。
子供たちは全く片づけないで出かけるので、脱いだパジャマや、食べかけのおにぎりや、食べた果物のタネや、おもちゃや、リビングに持ち込んだ毛布や、そのたもろもろが散乱しているのが通常。
帰宅時には今日はどれだけ「散らかってるんだろう…」と思う。
でも時間を計ってみると、片付けている時間自体は30分程度で案外たいしたことない。

また長男は字が読めるので

「たべたおさらは、あかいおぼんにのせる」

とか

「ぬいだものは、せんたくきのかごにいれる」

など、指示をポストイットに書いて、読める高さに貼っておいたところ、だんだんとできている日のほうが多くなってきた!

仕事も家庭も、仕組化はほんとに大事だと思う。

最後にまとめとして…

早朝の出社は、さらに言えば、
「会社の近くに住んででも、やったほうが絶対にいい」。

書くこと

3人の子供たちが、今月で6歳、4歳、2歳になる。
子供の成長にともなって自分の状況も大きく変わった。

子供が生まれる前は、朝9時から夜中まで仕事漬け。

子供が生まれてから4年間は、3回の妊娠出産と育児家事と仕事。

そして今は朝5時から出社して、土曜日も仕事をしている。

たぶん、これから自分の時間は増えていく一方(だといいな)だから、

一番時間のかかる、大好きな「書くこと」を

また一から

「自分の場所」(ブログのこと)ではじめたいと思います。